無償の悪

松本英子。漫画、イラスト業。葛飾区在住。

冬期休業あけ

いまポストを見たらハガキが届いてた。

『49歳、秘湯ひとり旅』で行った山形県姥湯温泉枡形屋さんから。

毎年11~4月は秘境のため冬期休業なんだけど、今年も4/26からいよいよ営業再開です、のお知らせだった。

行きたい。でもまだしばらく行けない。

行きたい方、ぜひどうぞ。いいですよ、姥湯温泉

ああ行きたい。


f:id:okitsune:20190406224147j:image


f:id:okitsune:20190406224359j:image

 

 

 

19.03.20の記。

枕元に、緊急用の飲み物を置いている。
ペットボトルのポカリスエット
寝ていてふと目覚めたときに、もし「即水分」だったら、すぐ飲めるように。
果たしてそういうときにペットボトルの蓋を速やかに開けられるかどうかは分からないけれど、とりあえず置いている。
置き始めて何年も経つがまだ緊急を経験していない。
そしていつも、存在は忘れている。
ただ、たまに、新しいのにかえている。なるたけ賞味期限より早目に。


今日、起きて、布団から出て、向こうの部屋に行こうとしたときに、なんだかふとペットボトルが目に入った。
そして、
ああそうだ、これ、この間置いたのいつだっけ?ずいぶん放置しちゃったね、そろそろ新しいのにしたほうが・・・

 

手にとって賞味期限を確認したら。

ふふっと笑った。


f:id:okitsune:20190320232912j:image

 

はい。とりかえます。

 

 

 

 

 

 

本当にわからなかった

今日、急用で実家に帰った。

玄関前に知らない男の人がいた。母に用だろうか。

私「こんにちは」

男性「こんにちは」

私「どちら様ですか?」

男性「息子です」

数秒後、男性は私の実の兄だとわかった。兄も私がわからないらしく、私が名のると「英子!?」と驚いていた。(ちなみに私はマスクとメガネ装着。兄は、素)

 

加齢して数年会わないと、なにかあって遺体確認とかすることになっても、間違いをおこすかも知れないと真剣に思った。

 

写真は実家の梅の花



f:id:okitsune:20190227204629j:image

 

 

 

 

 

 

なぶら、ってなんだろうと思ったら

f:id:okitsune:20190111114133j:plain

f:id:okitsune:20190215234020j:plain


カツオとかああいう大きな魚が、小魚の群れを海面まで追い込んで、逃げようとする小魚達で海面がバシャバシャになる、その状態のことをいうらしい。
このとき、海面の少し上には、小魚を狙う鳥達も飛び交っているらしい。

なぶらの写真をみながら、これに名前がちゃんとあることに、悦びをおぼえたあと、
そうか、
漁師さん達にとっては、大型魚も小魚もたくさんいる証だから大漁の表しとして、確かに名前があったほうがいい。都合がいい。

そう思ったあと。

都合もなにも関係ない、どうでもいいなにかの状態に、名前を付けたくなった。
誰もそういえば呼んだことのない、なにか。

資料に使うかな、と思ってそうでなかった写真の成仏

かみのやま温泉(連載中「かけ湯くん」の最近の3話)にて

斎藤茂吉記念館の入口の、歓迎されてる気分になる紅葉
f:id:okitsune:20181109102132j:plain



泊まったお宿、三木屋(さぎや)さんのおいしい朝ごはん
f:id:okitsune:20181109075644j:plain



武家屋敷(が、ある。ネタにしなかった)の庭で会った花。しばらく見てた
f:id:okitsune:20181108150147j:plain