無償の悪

松本英子。漫画、イラスト業。

新刊『49歳、秘湯ひとり旅』もうじき発売です

新刊『49歳、秘湯ひとり旅』が3/19にでます。


f:id:okitsune:20200307165935j:image

ソノラマプラスで掲載された五つの湯(貝掛温泉、姥湯温泉、甲子温泉、杖立温泉、弓ヶ浜温泉)と、描き下ろしの湯(某温泉)の、計六湯で一冊となりました。

一湯目の貝掛温泉編がソノラマプラスでためし読みできますのでご覧ください↓

http://sonorama.asahi.com/series/49.html?book_id=book_id_1578

 


私はだいたいなんでもひとりです。

美術館や博物館に行って作品をみるのも、
飲食店で味わうのも、
散歩も旅もほぼひとり。

誰かと一緒に行くのも好きですよ、ひとりのときとはちがう楽しさがあります。それはそれとして、行動の基準はひとりなのです。
私にとって、それが普通なのです。


さて私は温泉が大好きです。
温泉宿の大浴場の気配や、源泉が湯舟におちるあの音にときめきます。湯に浸かってひとり身を澄ますのが私のなによりの幸福なひとときであり、養生です。


49歳というなにかと思うこと多い、更年期をむかえて心身の変化も多い、この絶妙な年齢に、敢えて秘湯を選んで旅に出ました。


秘湯と秘湯でない温泉と、なにが気持ちの上で違うのか。私個人としては、秘湯は、よりじっと自分をしずかにみられるような、そんな思いがしました。
お湯のなかで気持ちよくぼうっとするひとときと、自分の気持ちの中に入っていろいろ感じ出すひとときと、湯の中でのひとときは大きく分けてふたつあります(私は。両方幸せです)、秘湯は特に後者のそれがよくはかどるイメージがありました。じっとみる、その目が、開きやすいような。

この本のカバー絵は、それを表しています。
表カバーは秘湯のお湯に気持ちよく浸かって満喫している私の姿、裏側はふと心の奥に入り込んでなにかみている私の姿。


いま私は50歳です。ふりかえると49歳は思う以上に変化(発見)がありました、なかなかにおどろく一年でした。人って変わるんですね。“変わった”には、“戻った”、“やめた”、なども含まれますが。


そんな変わりゆくときを秘湯で過ごし、旅先を楽しみ心身の養生をしているエッセイ漫画、ぜひお読みください。

 

ひとつだけ、お願いが。
いままでの私の本は、どこから読んでも別段よかったのですが、この本は、ぜひ最初から順に読んで欲しいのです。そのつもりで描き進めました。
いきなり描き下ろしから読んだりは控えて、一湯目から順にぜひ。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

命日

昨日は父の命日だった。
でてきてくれればいいのになあとしばらく待ってみた。家のあちこちで。そんなひとり遊びを、ふとしてみていた。

父が旅立って25年も経った。

私はいま50だから、父のいない人生が半分になった。

 

25年前のあの阪神淡路大震災は明け方におこったが、あれほどの出来事を私も母も夕方まで知らなかった。

父の葬儀やらその後の様々やらでやることだらけだったから、亡くなってから暫くは朝からテレビを一度もつけずに過ごす日が続いていたのだ。

17日、夕方になってテレビを観て、関西が大変なことになっているよと母に教えに家の二階に行ったら、ああ、だからだったのね、と言われた。知人から電話がかかってきて、よくわからないことを言われたのよ、と。

あまりに大きな出来事があると、人は主語を省いていきなり話題をふることがある。絶対に知っている共通の認識として相手を信じて話し出すのだ。
たぶんそれだったのだろう。

母は、自分が疲れ過ぎていて話が理解できないのだろうと思い、相手にそれを気づかれたくないから、てきとうに相槌をうっていた、という。

 

父の命日がくると、いつも今年で何年経ったかがすぐにわからない。阪神淡路のあの大震災は何年だったかをちゃんと確認して、やっと判明している。これを毎年繰り返してきた。

今年は25年という忘れにくい数字になったから、来年はプラス1すればいい、だから来年は、お父さんがむこうにいって26年だね、と、すぐに言えると思う。

 

頂き物の予防グッズ

クレベリン。

空間に浮遊するウイルス、菌を除去してくれるそうです。

スティックタイプで、首にさげてもよし、ペンのように胸ポケットにさすもよし。

早速試します。

私はこれ、頂くまで知りませんでした。おもしろいですね。


f:id:okitsune:20191119145005j:image


f:id:okitsune:20191119145041j:image

 

 

 

 

人生の、かなり。

葛飾区の堀切に、約23年、暮らしていた。

27歳の終わりから、50歳半ばまで。

途中リコンしたけど、堀切があまりによくて住み続けた。

堀切、私にとって、ほんとに素晴らしい町だった。ありがとうの気持ちでいっぱいである。

 

引っ越しをした。

菖蒲のお花の時期に、堀切に行くのが楽しみである。

どんな心になるだろうか。

写真は引っ越し前日の堀切菖蒲園

 


f:id:okitsune:20191026194135j:image


f:id:okitsune:20191026194214j:image